Calendar
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< August 2016 >>
Profile
Search
Mobile
qrcode
☆イベント☆ きたがわめぐみ先生&入船亭扇里先生落語ワークショップ&読み聞かせ会

イベントのおしらせですお知らせ

9月の新刊『バスまってる』のきたがわめぐみ先生のイベントが
今月中に2回予定されていますビックリマーク
みなさまふるってご参加ください♪

きたがわめぐみさん・入船亭扇里さん
落語ワークショップ&読み聞かせ会


*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-
‘時:2015年11月14日(土) 午後2時〜(午後3時終了予定)
 会場:リブロ港北東急SC店内特設会場
http://www.libro.jp/s/blog/kohoku-sc/event/tanukitei.php

日時:2015年11月28日(土) 午後2時〜(午後3時終了予定)
 会場:西武東戸塚店7階ファーストブリッジ
http://www.libro.jp/s/blog/h-totsuka/event/tanukitei.php

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

※ 参加費無料でどなたでも参加いただけます。
※ 参加をご希望のお客様は、当日会場にお集まりください。

< 落語ワークショップ >
 入船亭扇里さん(著者・落語家)による落語を一席。
< 読み聞かせ会 >
 きたがわめぐみさん(著者・絵本作家)による読み聞かせ。
 読み聞かせ予定絵本...
 『たぬき亭ぽん太のはじめて落語 なぞかけえほん』『バスまってる』

イベント終了後、希望者にはサインをさせていただきます。
ぜひお買求めになってご参加ください。

■ プロフィール

入船亭扇里さん (いりふねてい せんり)

神奈川県出身。平成8年九代目入船亭扇橋に入門。前座名は「扇ぱい」。
平成12年二ツ目昇進。「扇里」と改名。平成22年真打昇進。
「寄席や落語会の出演、学校公演、子どもとのワークショップ、FMラジオDJ、ライブハウスへ出演と、色々な所でお喋りさせて頂きました。これからも丁寧な高座を心掛け、幅広い活動をしていきたいと思います。」
著書に『たぬき亭ぽん太のはじめて落語 なぞかけえほん』(小学館)『とんちずもう』(ハッピーオウル社)がある。
http://senri.daa.jp


きたがわめぐみさん

神奈川県出身。幼稚園教諭として就職するが骨折のため退職。
入院中「めぐみせんせい、がんばってね!」と子ども達にもらった絵が嬉しくて、自分でも絵を描いてみる。
もっともっと嬉しくなってしまって絵本を描きはじめる。
代表作品に『おトイレさん』シリーズ(教育画劇)『1ねんせいじゃだめかなあ?』(ポプラ社)『カレーちゃん』(アリス館)『バスまってる』(えほんの杜)など。
Eテレ『おかあさんといっしょ』挿入歌「おかしなおかしのカーニバル」のイラストを作成。
http://www.kitagawamegumi.com

| おしらせ | - |
『あるひ、いつもの がくどうで。』 感想が届きました!


今月の新刊『あるひ、いつもの がくどうで。』に読者の方から
さっそく感想が届きました!
紹介させていただきます♪



******************

☆Mさまより

わが子達に読んでやると共感していました。特に保護者がお迎え時に話し込んで帰らないエピソードに。
そしてうちは150人の公設公営なので手作りおやつはできません。とてもうらやましがっていました。
そして最後の運動会はやってみたい!と。やはり150人だから運営の大変さは想像できるようですが、
きっとそれなりに工夫してやりとげるでしょう。
それぞれの学童での特徴と制約などの環境にあったベストを尽くしてくださり子ども達が楽しく過ごせ、
それに保護者は励まされるのだと思います。

これから学童に来るつもりの親子にはぜひ読んでほしいです。そして行政担当者も。
******************

「保護者がお迎え時に話し込んで帰らないエピソード」は、
まさに「あるある」ってやつですよね。

手作りおやつの「たません」をつくるシーンは、
おいしそう&楽しそうです。




みんなで企画して、みんなで作り上げる、
クラブうんどうかい。



ぜひぜひ実現してくださいね!

面白いことを考えて、企画して、実行できる!
そんな力が育まれるのも 学童保育の魅力のひとつですね。

Mさま、感想をありがとうございました!

| 読者のみなさまより | - |
11月の新刊☆『あるひ、いつもの がくどうで。』(サトシン・作 ドーリー・絵)

本日より今月の新刊が配本になります〜!

『あるひ、いつもの がくどうで。』
(サトシン・作/ドーリー・絵)




作:サトシン 絵:ドーリー
価格:1300円+税
ISBN:978-4-904188-39-2
大きさ:257×210
ページ数:32P


きょうだいみたいな ともだち。
いつも見守ってくれる指導員さん。
「家庭」と「学校」、もうひとつの大切な場所、
それが「学童保育」です。
友だちと泣いて笑ってけんかして、
たくさんのチカラが育まれます。

ある学童保育所を舞台に、子どもたち、指導員、そして保護者たちの日々の暮らしと心の交流を描いた がくどう絵本です。

* * * * *

保護者と学童保育指導員が子どもを真ん中において保育をする「学童保育」。
意外と知らない方も多いのではないかと思いますが、全国の指導員さんと保護者などのみなさんが愛情を込めて運営されていて、
より良い「学童保育」を目指して、各地で頻繁に勉強会や研究会が行われています。

そんな中、昨年、
愛知県の学童保育連絡協議会のみなさんと、絵本作家サトシンさんとの間で、「学童保育の良さを知ってもらおう」、「学童保育の良さを残していこう」という思いがつながり、「サトシンさんと学童の絵本を作るプロジェクト」が発足!
リアルな声を拾い、たくさんの取材を重ね、“ほんとの「学童保育」がわかる絵本”となりました。

学童保育について知りたい方、これから学童保育を利用する子どもたちや保護者のみなさん、「学童保育」の良さを語りたい方などなど。

子育て中の方には、「こういうことあるある!」「わかるわかる!」という場面が満載です。

* * * * *

今週末には
全国学童保育研究集会in大阪 が開催されます!
11/7(土)には、なんとサトシンさん&ドーリー画伯が応援に駆けてくださるそうです。
愛知学童保育連絡協議会の販売ブースにて絵本の販売もあります。
先着でシールのプレゼントもあるとか♪
ぜひお立ち寄りください♪





 
| あたらしい本 | - |
☆本日(10/1)より☆きたがわめぐみ原画展@ブックハウス神保町

今日から始まりました!

きたがわめぐみ原画展
なぞかけしながらバスまってる
@ブックハウス神保町

10月1日(木)〜10月12日(月)
営業時間:11:00〜18:30 ※水曜日定休



きたがわめぐみ先生の最新刊、
「バスまってる」(えほんの杜)、「なぞかけえほん」(文・入船亭扇里/小学館)の
2冊の豪華な原画展です!

ブックハス神保町さんの素敵なギャラリーにて、
きたがわめぐみ先生の原画がたっぷり味わえます!
原画を観るだけではなく、ご来場のみなさんにも楽しんでもらえる企画が満載ですよ♪
詳しくはギャラリーにて!

そして、きたがわめぐみ先生と、「なぞかけえほん」の文を担当された入船亭扇里先生が登場するイベントも♪

*きたがわめぐみさん 絵本読み聞かせ
10月12日(月・祝) 13時から
(約40分・無料・ご予約ください)

*入船亭扇里さん 子ども寄席
10月12日(月・祝) 15時から
(約40分・無料・ご予約ください)

子ども寄席も楽しそうですね〜♪


みなさまのご来場おまちしておりますー!





 
| おしらせ | - |
9月の新刊☆CDつき絵本『バスまってる』(きたがわめぐみ・作)
先週、秋晴れの気持ちの良い日に、
9月の新刊が発売になりました!

今月はまたまたすごいですよキラキラ
なんとCDの付録つき!
きたがわめぐみ先生の『バスまってる』です♪


※我が家のチェブラーシカさんとバスさんとお送りしております

『バスまってる』
作:きたがわめぐみ
発売日:2015年9月22日
B5版横長 上製本 32P
CD付き
ISBN 978-4-904188-38-5
本体:1500円+税



↑裏表紙には青いバスさんが!

だいすきなバス。
乗るのはもちろん大好きだけど、
待っているのも楽しい時間。

うたって まってるの。



きたかな〜と、思ったら。
くるま でした。



ブッブー!

次々と聞こえてくる楽しいオノマトペに
想像もふくらむ わくわく絵本!

そして……。
絵本がそのままお歌になって、
付録のCDに収録!

↑ちょーっと、見づらいですが(汗)、
巻末にきたがわ先生考案の手遊びも。
そのお隣にはCDがついてます♪

作曲は、ミュージシャンのタナカレモンさん。
かわいくて心躍る、楽しいメロディを作ってくださいました!
思わず口遊んでしまう、とはまさにこんなメロディです♪

歌は、ソウル?ファンク?とにかくハッピーなすてきな3人組りぶさんです!
(心配事もなにもない、晴れの日の日曜の午後!って感じです←なんだそりゃw)

作詞は、もちろんきたがわめぐみ先生ー!


もうひとつおまけにっ!

巻頭には、楽譜と歌詞もついてます!
幼稚園や保育園の先生方〜!
ぜひぜひご活用ください!

『バスまってる』の見本本が届いてから、
保育園でのおはなし会で試演してきました。
読み聞かせをして、一通り盛り上がってから、
「じつは、お歌もありますー!」と、みんなに言うと、
一同、「やったー!」と大騒ぎ!
これには、こんなに?そんなに?と正直驚きでした。想像以上の反応だったのです!
お歌ってみんな大好きなんですね。
楽しいんですね。

CDをかけると、手遊びをする私を見よう見まねで、
もう、手遊びというか、踊りみたいになって、
体中で楽しんでくれました。
終わったあとは、「楽しかったー!」の連続で、
私が保育園を後にするとき、そっと教室をのぞくと、
もう一度CDをかけて歌って踊ってくれていましたにこにこ

長くなってしまいましたが、
この絵本を、尊敬する書店員さんにご紹介したところ、
「お子さんって待っているのが、いやになってしまうとき、ありますね。
そんなときにも 歌って楽しく待っていてくれるといいですね。」
なんて感想をいただきました。なんて素敵な視点でしょう!

楽しいときにも読んでほしいし、
ちょっと苦しくなってしまったときにも、
楽しくなってもらうために読んでいただけるといいなあと思います。

もひとつ、最後におしらせです!


『バスまってる』と同時刊行の『なぞかけえほん』(小学館)の刊行記念!
きたがわ先生の原画展が開催されます!
その名も…
「なぞかけしながら バスまってる」
…うまい!さすがです(笑)
ブックハウス神保町さんで10月1日より!
10月12日(月・祝)にはイベントもありますよー!

ぜひきたがわ先生に会いに来てくださいね♪
 
| あたらしい本 | - |
| 1/43 | >>
Material by Night on the Planet
Template by NoIndex